子供の命はママが守る!【防災ママラボ】代表くみママのブログ

ママのための防災研究室【防災ママラボ】

スポンサーリンク

防災

家庭に1本!「家庭用消火器」が必要な理由。

投稿日:

子供の命はママが守る!
防災ママラボ代表の、くみママです。

 

私は、一家に1本は「家庭用消火器」を備えることをおすすめしています。

おそらく、普通のママは備えていないと思います。
でも、この記事を読んだら、「すぐに備えよう」と思ってもらえると思います。

 

家庭用消火器を手に入れる

 

一家に一本「家庭用消火器」が必要な理由

私が「家庭用消火器」の必要性を強く感じる理由。

それは、消火器で消せる火事は、近くに消火器がないと意味がないからです。

消火器で消せる火事とは

消防士さんの講話で聞いた話です。

火事から逃げる基準は、「天井まで火が登ったら」だそうです。
つまり、天井まで火が登らない程度なら、自分で消せるかもしれない=消火器が役にたつのです。

 

では、想像力を働かせてみましょう。

調理中に火が上がってしまいました。
ストーブから火が上がってしまいました。

マンションの廊下や、自宅の外には、消火器が備えてあります。

消火器を取りに行きました。

戻ってきたら、火が天井まで上がっていました。
逃げないといけません。

消火器を取りに行ったら、もう消火器は必要ありませんでした。

 

 

そう。
消火器を取りに行ってたら、間に合わないんです。

これが、私が家庭用消火器を備える理由です。

 

実は私、一度火災報知器を鳴らしたことがあります。

実は私、一度火災報知器を鳴らしました。
使い切ったのスプレー缶の、ガス抜きをしたんです。

キッチンで。
調理中に。
バカですね。

 

そしたら、スプレー缶から出るガスに火がついて、ボーボー燃えました。

幸いにも、シンクの中で燃えて、ガスが尽きたら消えましたが、
生きた心地がしませんでした。

 

夫と子供が出かけていて、一人のときでしたが、
火災報知器が鳴り、マンションの管理員から夫に連絡が行き、
管理員さんが様子を見に来てくれました。

 

すぐに消えたとは言え、とても怖い思いをしました。

でも、消火器を持っていてよかったな~とも、思いました。
幸い使わずに済みましたが、もっと大きな火災では、迷うことなく使うと思います。

 

 

消火器は、火が上がりそうな場所の近くに備える


火が上がりそうな場所って、ある程度決まってますよね。

キッチンや、ストーブですね。
他にもあるかもしれませんので、ご自身で調べてみてくださいね。

私も、キッチンに1本、家庭用消火器を備えています。

家庭用消火器って、意外と安いです。

私が買った家庭用消火器は、小さなスプレー缶です。

1本1000円ほどで、Amazonで買いました。
1000円くらいなら、すぐに備えられますよね。

この記事見たら、すぐに備えて欲しいです。

 

家庭用消火器を手に入れる

 

 

実はいちばん多い「火事の理由」とは

こちらも消防士の講話で聞いた話です。

火災の原因の第一位は、「放火」だそうです。
知っていましたか?

放火って、マンションでは起こりにくいので、マンションの火災保険がやたら安いのはそういう理由なのか、
と納得しました。

終わりに

今回は、家庭用消火器の必要性をお伝えしました。

消火器を取りに行ったら火が燃え広がっていた、なんて、本末転倒です。
家庭に1本あるだけでも、被害は抑えられるかもしれません。

 

家庭用消火器を手に入れる

 

家庭用消火器で全て消せるわけではありませんので、
逃げる判断はママがしっかり判断してくださいね。

くみママでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-防災

Copyright© ママのための防災研究室【防災ママラボ】 , 2019 All Rights Reserved.