子供の命はママが守る!【防災ママラボ】代表くみママのブログ

ママのための防災研究室【防災ママラボ】

スポンサーリンク

火事

地震の時、火事の原因で気を付けないといけないのは〇〇火災

投稿日:

子供の命はママが守る!
防災ママラボ代表の、くみママです。

 

地震の時の、火事の原因ってなんだか知っていますか?
火元を確認するのが常識だから、コンロからの出火だと思っていますか?

実は、地震による火事で多いのは、通電火災です。

 

阪神大震災では、火事の原因1位が通電火災(約6割)でした。(原因不明の火災を除く)

 

今日は、ママたちに知っておいて欲しい「通電火災」と、その予防についてお伝えします。

 

 

通電火災とは?

通電火災とは、地震によって停電になったあと、電気が再び通るようになった時、
なんらかの理由で電化製品から発火してしまう火災
のことです。

 

通電火災の怖さは、時間差です。

 

地震の直後は、だいたいの人がすぐに火を消して逃げますが、
復電するのは逃げてからなので、火災がすぐに火出来ないんです

 

 

 

通電火災は、大規模火災になる可能性が高い!


通電火災は、人々が逃げたあと、復電した時に起こります。

停電から復電すると、コンセントに付着したホコリや、ストーブなど様々な原因で、
火災が起こるのです。

地震時の火災は、消火が困難です。
それゆえ、大規模火災になりやすいのです。

 

地震後で消防車が来れないのも原因のひとつですし、
人々が逃げてからの火災なので、初期消火が難しいんですね。

燃えつくすまで待つしかないのです。

通電火災は、予防がいちばん大切です。

 

 

通電火災を予防する方法

通電火災は、予防が大切です。

いくつか方法があるので、参考にしてくださいね。

 

通電火災の予防(1)地震の時は、ブレーカーを落としてから逃げる

地震で逃げるときは、ブレーカーを落としてから逃げましょう。
これだけで、通電火災を予防できます。

ただし、外出中などは対応できないのが難点です。

通電火災の予防(2)通電火災防止の器具を使う

地震の時に、揺れを感知してブレーカーを落とす器具もあります。

揺れを感知すると、分電盤にセットしたおもりが落ちてブレーカーを落とす仕組みです。

 

しかしこの器具、デメリットもあります。
私も買いましたが、我が家のマンションのブレーカーは固すぎて、
このおもりではブレーカーが落ちませんでした・・・。

なので、おうちのブレーカーが軽い力で落ちそうであれば良いのですが、
固い場合はオススメしません。

 

その場合は、他の方法で予防しましょう。

通電火災の予防(3)節電タップや、通電防止機能のついたコンセントを使う

節電タップを使い、その電化製品を使うときだけ、電源を入れるようにしましょう。

私は、キッチンの電子レンジとポットのコンセントは、
使うときだけ電源を入れるようにしています。

また、通電火災防止用のコンセントもあります。

 

まとめ

通電火災の怖さ、知っていただけたでしょうか。

避難時、ブレーカーを落として逃げる。
これだけは、絶対に徹底してほしいです。

私が家を建てるなら、絶対に感震ブレーカーや感震コンセントつけますね。
もうマンション買っているので不可能ですが(笑)

でも、その分できる対策はしておきます。

くみママでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-火事
-, ,

Copyright© ママのための防災研究室【防災ママラボ】 , 2019 All Rights Reserved.